キイロスズメバチの駆除で重要なこと|刺された場合の対処方法

効果的な駆除のために

頭をかかえる女性

南京虫駆除にはには、殺虫剤によって駆除する方法が知られています。直接噴射する南京虫駆除、生息している場所へ吹き付ける残留噴射、生息していると思われる場所へ撒いておく南京虫駆除といったこれらの3つの方法が一般的です。南京虫は、別名トコジラミとも呼ばれていますが、寝床の付近や、床や壁などの隙間に多く潜伏します。南京虫駆除でも、最近特に問題になっているのが、ピレスロイド系殺虫剤に強い個体が増加していることです。一般的に販売されている殺虫剤は、ピレスロイド系殺虫剤が多いのですが、南京虫駆除には効果が期待できない場合があるのです。抵抗性ができてしまった一部の南京虫には効果がないことが、大きな問題として挙げられます。しかし、南京虫駆除をしなければ、被害が拡大してしまいます。早めに対策を行うことが肝心です。そこで、南京虫駆除の専門業者に依頼をすることをおすすめします。
南京虫は、人が眠っている間に血を吸うといいます。血を吸われると、かゆみが出たり、腫れ上がったりと辛い症状が出るのです。繁殖が確認されると、増殖スピードがどんどん加速してしまうといいます。近年では、日本でも南京虫の被害が再び増加傾向にあるため注意が必要です。成虫になると、大きさが5ミリ以上になるので、目で見ても分かります。しかし、幼虫は2ミリ以下なので、ほとんど目視することが難しいでしょう。卵は1ミリ程度のため、さらに発見しにくいはずです。そのため、少しでも疑わしい場合は、専門業者のプロによる目で確認してもらい、駆除を行うことが最も効果的だといえます。